ますますハウジングサービスは安全・安心の工事を行います | 福島市 | リフォーム

福島市の助成金制度

高齢者住宅改修助成事業

介護保険に該当しない高齢者の方が、介護予防のために住宅改修工事を行った場合(事前の申請が必要です。)に助成します。
※助成件数に制限があります。

「高齢者住宅改修助成事業」を利用できる方って?

介護保険における要介護認定で「自立」と認定された方、又は要介護認定を受けていないが、明らかに「自立」相当と認められる方で以下の(1)~(4)のすべてに該当する方。

  1. 福島市内に住所のある65歳以上である
  2. 本人及び世帯全員が市民税非課税である
  3. 市税の滞納がない
  4. 同じ住所に(共同住宅をのぞく)介護保険の給付対象者がいない

※1.助成は1住宅1回のみ
※2.世帯 … 当事業では、生計が別であっても同一の住宅に居住していれば同一世帯とみなします。
※3.決定後、工事開始日を決めていただきます。

対象工事

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止及び移動の円滑化のための床材変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 様式便器への取替え等

 

助成額

対象工事の合計金額の9割(18万円限度

詳しくは高齢者住宅改修助成事業について
からご確認ください。

 

 

 

居宅介護住宅改修(介護予防住宅改修)

生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して要介護区分に関係なく上限20万円まで住宅改修費が支給されます。(自己負担1割)
※工事の前に保険給付の対象となるかなどを、ケアマネージャー医療福祉課に相談しましょう。

対象者

福島市に住所があり、要介護認定の結果「要支援」又は「要介護」に認定された方

対象となる工事

  1. 手摺の取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止及び移動の円滑化のための床材変更
  4. 引き戸などへの扉の取替え
  5. 洋式便器へ取替え等
  6. 1~5の工事に付帯して必要となる工事など

 

 

 

住宅改修費の給付限度額

要支援・要介護にかかわらず、限度額20万円、ただし1割は自己負担となります。
20万円を超えた場合は超えた部分が自己負担となります。

償環払いとは

工事が完了し工事代金を全額施工業者に支払った後に領収書を添付し市へ給付申請を行うものです。

受領委任払いとは

要介護者等申請者が保険給付分(9割相当)の受け取りを登録事業者に委任するというものです。この手続きには 申請者・ケアマネージャー登録事業者の協力があって給付を受けることが出来るものです。
受領委任払いは要介護者など申請者が1割の自己負担2万円で限度額 20万円の住宅改修が出来ることなります。詳しくはお問合わせください。

福島市全域/伊達市全域/伊達郡全域
/二本松市全域/本宮市全域/相馬郡全域

ページ上部へ戻る